産み分け実践ガイドについて

妊娠したい、と思った時、「女の子が欲しい」「男の子が欲しい」と思うのは、ごく自然なことなのではないでしょうか。ここでは、男女の産み分けに関する豆知識のご紹介をしています。産み分けに関する基礎知識や、男女産み分けの方法、そのために毎日心がけておくこと(基礎体温をつけるなど)などを分かりやすく解説しています。とは言っては子供は神様からの授かり物です。余り固執しないように、でも楽しく産み分けを考えることが大事なのではないでしょうか。

女の子の産み分けをしたい方へ
産み分けは病院でするものと思っていませんか?男の子を3人続けて産んで悩んでいた私でもたった1日5分○○をするだけで2人の女の子を産むことができた・・・病院に行かなくてもできる自然な産み分け法とは?魔法の産み分け術の全てを公開します。
産み分け実践ガイド 新着情報

赤ちゃんの産み分けをしようと考えた場合、色々と方法を試すかと思いますが、その結果不妊症になってしまうことがあるという話を聞いたことがあります。しかし、そのような心配は必要ありません。確かに、産み分けをするためには、排卵日を念頭において性交して、指定された日以外は避妊をすることになります。一般的な夫婦生活よりも、精子が子宮に入ることは少なくなります。しかし、産み分けのために性交する日を指定するということは、排卵日前後を確実に狙っているということです。そのため妊娠の確率は、普通よりも高くなると言えるでしょう。つまり、産み分けによって、妊娠率が低くなるということはないのです。

高齢出産の場合には、産み分けには支障があるかどうかを心配されている方もいるでしょう。高齢出産だからといって、産み分けを諦めることはありません。むしろ、高齢出産という限られた時間だからこそ、確実に産み分けたいと望むものなのではないでしょうか。ただ、高齢出産の場合、産み分けを考える以前に、妊娠によって起こるリスクを知っておくことが大切になります。高齢出産には、低体重児を産む危険性や妊娠中毒症、先天性異常児など、さまざまなリスクがあるからです。まず第一に、自分の身体のことをよく考えてから大事にすることが先決です。産み分けを考えるのは、それからにするべきだと思います。

2人目の産み分けを考えているけれど、1人目を産んでからどれくらいの間隔をあけるのが適切なのかということに悩んでおられえる方もいるかもしれません。もし、1人目を産んで間もないのならしばらく間隔を空けた方が良いでしょう。特に、赤ちゃんに母乳をあげている時期などは、お母さんの体にたいして大きな負担がかかっているときです。1人目が卒乳し、お母さんが健康な状態になってから、2人目の産み分けを考えるのがいいと思います。授乳をやめて、生理がきたら、まず、毎日、基礎体温表をつけるようにしましょう。

女の子の赤ちゃんを産み分けするためには、排卵日を特定することやセックスのタイミングで行っていきます。排卵日の特定などをおこなうことが自分では不安な人の場合は、病院に相談してみましょう。そして、さらに効果を高める方法があります。それがピンクゼリーです。このピンクゼリー以外にも効果的な方法がいくつかあります。まずはピンクゼリーについてご紹介したいと思います。男女の産み分けには、膣のなかがX精子、Y精子のいずかが有利になっているかこれによって決まります。

こうした膣のなかの環境について人為的にコントロールする方法があります。それが、グリーンゼリーとピンクゼリーなのです。男の子が欲しければグリーンゼリーを使いましょう。そして女の子が欲しければピンクゼリーを使います。このゼリーは、イギリスで開発されたものですが、ゼリーの成分は、当然のことですが安全性に問題のないものでできています。ピンクゼリーの使用法についてですが、ピンクゼリーは、SS(セックス・セレクション)研究会(03-3324-6006)というところに加入している産婦人科で入手することができます。

またインターネットの通信販売でも手に入れることができます。ピンクゼリーとは、女の子を産む因子を持つX精子が、膣のなかで有利に動けるようにと膣を酸性に保つためのゼリーです。ピンクゼリーの実験結果があります。それによれば排卵日当日は通常であれば子宮頸管から出るアルカリ性の粘液に満たされているところを、膣にピンクゼリーを注入し5分後にかき回してpHをはかったところ、結果をみると酸性になったということです。気になる方は試してみると良いでしょう。


あなたがもし男の赤ちゃんを望んでいたとして排卵日も、ほぼ特定できたとします。そすれば、あとはその日にセックスをしてみましょう。男の子が欲しいのであれば膣が中性になるようにします。それは女性はオルガスムスを感じるような、深いセックスが望まれます。その訳は女性がオルガスムスを感じれば子宮頸管から分泌液が盛んに出てきます。この分泌液はアルカリ性なので本来は、酸の強い膣のなかを、中和させる働きがあるのです。

膣が中和されて、よりアルカリに近くなっていけば、アルカリに強いY精子(男の子の元)が、高い確率で受精されるというわけなのです。女性がセックスでしっかりと興奮をして大いに快感を味わっていれば、またそれが排卵日のセックスであれば、男の子が産まれる確率が高まってくるということなのです。また、セックスの体位も重要だといえます。深い結合ができる体位がベストになってきます。なぜなら、そうすることにとって精子がより子宮に近づくからです。

「精子が子宮に近づく」ということの意味は、Y精子(男の子の元)が苦手な膣の通過をできるだけ短い時間で済ませることができる、という意味なのです。産み分けをしたいというかたも世の中にはたくさんいると思います。思い通りに産み分けができるという場合もありますし、そうでない場合もあると思います。なににせよ子供は授かりモノなのでもし、妊娠することができたら出産する日まで大事に育てていきたいですよね。